PR
ハーメルン

このすば世界に展開されるスバル君節が最高に良い作品「友達料と逃亡生活」

友達料と逃亡生活 - ハーメルン
『――ありうべからざる今を見ろ』。  その言葉を聞く前に、ナツキ・スバルは在るべき世界から消滅した。  神器を持たぬ彼は、変わらぬ『死に戻り』を胸に新たな世界に…

『――ありうべからざる今を見ろ』。
 その言葉を聞く前に、ナツキ・スバルは在るべき世界から消滅した。
 神器を持たぬ彼は、変わらぬ『死に戻り』を胸に新たな世界に向かった。
「魔王を倒せばどんな願いでも叶えられる」
 その約束に縋った彼は、一体何度死に、なにを掴み取るのか。

全23話完結のこのすばとリゼロのクロスオーバー作品で、
クロスオーバーならではの双方の原作の良さが生かし切れている傑作です。

聖域の第二の試練としてこのすばの世界に移ってしまったスバル君。
元の世界に戻るために、アッパー系コミュ障冒険者ナツキ・スバルと、
ダウナー系コミュ障魔法使いゆんゆんのパーティでこのすばの世界で奮闘していきます。

「俺の名前はナツキ・スバル! 無知蒙昧にして天下不滅、最弱職の冒険者だ!」

アッパー系コミュ障冒険者ナツキ・スバル

「可愛らしい顔立ちの美少女、発展途上ながらも抜群のスタイル、優秀な能力。…………普通なら、友達料払ってでもなりたいと思うんだけど」
「友達料ってなんですか!? 何か払ったら友達ができるんですか!?」

ダウナー系コミュ障魔法使いゆんゆん

本作は14話「加害者」以前と以降で全く描写が異なっているのが特徴で、
前半は「このすば」らしいコメディが展開され、
14話以降は一転し「リゼロ」らしいシリアス展開が表現されていく。
これがこの作品の大きな魅力となっていて、
スバル君とゆんゆんが全く違和感なく溶け込んでいるキャラクター表現の良さに加えて、
両方の原作の雰囲気も一つの作品でミックスされているクロスオーバーの良さが味わえます。

更にストーリーも綺麗に起承転結で纏まっていて、
終盤にかけてのクライマックスは正にリゼロを思い出す圧倒される展開に惹きつけられ、
スバル君とゆんゆんのその後を応援せざるをえないあの読了感が本当に良い。

そんなストーリー・キャラクター・描写全てが高いレベルで纏まっている
これ程高水準なクロスオーバー作品は唯でさえ数少なく、
その上全23話と読みやすい作品なので是非一読をお勧めします。
こんな友達料ならめっちゃ良いなぁ…

記事紹介ツイート(作品が面白かったらいいねをお願いします!)

スポンサーリンク
シェアする
夜市よいをフォローする
夜市よいのはっしん場所

コメント

  1. 匿名 より:

    実はよくよく読むと死に戻りの際に転移したわけではなく、第二の試練の際に飛ばされたものだったり(プロローグのエキドナの会話と、スバルの推測で察せられる)。

    この作品の本質は4章スバルくんがこのすば世界で苦しみ、その果てにゆんゆんとあのシーンにたどり着くことにあるから、転移理由はどっちでもいいっちゃいいのだけれど。

    • 夜市よい より:

      コメントありがとうございます!

      その通りで試練での転移でしたね。
      サイト初期の記事で今読むと不出来な記事だったので転移の記載含めて大分書き直しました。
      指摘感謝です🙇

      • 匿名 より:

        記事を読み返してみました、推しポイントがわかりやすく、より良い記事になったと思います!

タイトルとURLをコピーしました