PR
やる夫スレ

闇多めなウィッチーズと歩む命懸けの欧州撤退戦「やる夫は欧州で試されるようです」

【安価】やる夫は欧州で試されるようです【ストライクウィッチーズ】
――ここが、人類の最前線だ――                              __                               /   ヽ                           {_,..-‐ ┴ ...

全150話超の原作ストパン長編完結作品。
欧州の防衛線が崩壊しベルリンが陥落した本編開始前の1941年を舞台として
カールスラントに取り残された部隊と共にネウロイの支配下に置かれた欧州を駆け抜ける
作者自らが主人公を殺しにかかってくる高難易度安価スレです。

道端に倒れている所を撤退中の兵士に発見されそのまま軍が守る街に避難した主人公やる夫。
しかし直ぐにネウロイの襲撃により自身と助けた雪華綺晶以外全員死亡してしまう。
2人で何とか近くの基地まで逃げ込みブリタニアまでの撤退を試みますが、
基地所属の数少ないウィッチたちの殆どは
それまで過酷な戦いで闇を抱えていて。

記憶喪失によって真相は不明な、拳銃弾で小型ネウロイを打ち落とせる
紀元前ぶりに確認された男で魔力を持つというウィザードなやる夫は何者なのか。
その謎の解明と共にウィッチ達の地雷解除に奔走していきます。

本作は主人公やる夫の他人の為に命を懸けられる硬派っぷりが格好良い作品で、
「シグルイ」や「覚悟のススメ」等の設定を取り入れたハードボイルドさによって
完全独自設定魔力を持つ男性という地雷要素も全く気になりません。
そしてヒロインとなるウィッチ達はリリなののマテリアルズや蘇芳が中心となり、
所属していた部隊が壊滅した経験から精神の摩耗が進み闇多めな彼女達が描かれ
主人公と読者による安価での全力の地雷解除が見られます。

そして地雷解除に無事に成功した暁にはヒロインとのR-18シーンも。

更に本作は安価の難易度が非常に特徴的で、
懐かしい00コンマ安価に始め、Googleに頼っても出てこない知識判定安価
そして作者への信頼が無ければ作者脳内当てとも揶揄される作文安価等の
様々な安価の手法を駆使して主人公を追い詰めていく作者の殺意が必見です。

支援もなく孤立し精神が摩耗し会話すら覚束ないウィッチに頼るしかないような状況下で、
カールスラントからブリタニアまでのネウロイ支配下での逃避行を成し遂げるのか。
続編の「青年は北アフリカで星を仰ぐそうです」はエターになってしまいましたが
ストパンの世界観に山口貴由の硬派さをミックスさせたとてもお勧めな作品です。

記事紹介ツイート(作品が面白かったらいいねをお願いします!)

スポンサーリンク
シェアする
夜市よいをフォローする
夜市よいのはっしん場所

コメント

タイトルとURLをコピーしました