PR
なろう小説

ネット社会に疲れた人に贈りたい痛快コメディ「炎城寺紅子の炎上 ~おまえネットで私のことバカにしてただろ~」

AI作
炎城寺紅子の炎上
日常 青春 ホームドラマ ミステリー ラブコメ ギャグ 女主人公 現代 頭脳戦 インターネット ESN大賞3 OVL大賞7 新人発掘コンテスト ツイッター 123大賞

世界一の天才格闘家・炎城寺紅子(えんじょうじ べにこ)は、現実では最強だがインターネットでは最弱のIT音痴だった――。 

『お前ネットで私のことバカにしてたな!?』
『住所突き止めて殴り込みに行ってやるから覚悟しろよ!!!』 

頭が悪く煽り耐性ゼロの紅子は、掲示板で、SNSで、質問サイトで、行く先々で馬鹿にされて怒り狂う。 

史上初、世界唯一の『レスバトル小説』!

至るところで炎上とレスバトルが発生しているこのネット社会に疲れた方にお勧めな、
本当に笑える全138話の痛快コメディ作品です。

ただの平凡でよく見るようなレスバトル展開ではなく、
天才格闘家ならではの予想外のバトルが始めから終わりまで読者に降り注ぎます。

そんな本作の主人公は日本最大の財閥令嬢で全米総合格闘技チャンピオンとなった
リアル最強、ネット最弱のお嬢様である炎城寺紅子。
SNSの存在を17歳にしてやっと知った彼女は早速ツイッターを始めるが、
既に「炎城寺アンチスレ975」が立つまでの有名人だったので早速炎上することに。
お付きのメイドの自称ネット最強レスバ王たるイルカと共に
数多のネットアンチ達に真っ向勝負していきます。

本作は始めのシーズン1は主人公のネット最弱っぷりを披露したドタバタコメディで、
シーズン2でこれまで唯一の相棒だったイルカとバトルを繰り広げていきますが、
シーズン3「大炎上」の結末が一番天才格闘家ならではのぶっ飛び方が出ていて好き。

そして完結となる最終章の人狼ゲームも普通の人狼ゲームではなく、
シーズン4のコメディで描写されていったそれぞれの新キャラクターの特徴が
しっかり反映された人狼ゲームとなっていて楽しめます。

そんなネットが舞台のコメディとガチな人狼ゲームの二つが、
双方楽しめる作品となっていますので是非気になる方は一読下さい。

記事紹介ツイート(作品が面白かったらいいねをお願いします!)

スポンサーリンク
シェアする
夜市よいをフォローする
夜市よいのはっしん場所

コメント

タイトルとURLをコピーしました